2010.05.23

埼玉古墳ベスト10

物見遊山的な埼玉県の古墳(古墳群)ベスト10を選考してみました。考古学的な価値は関係無く、見て楽しいかどうかが基準です。(単独の古墳で選ぶとさきたま古墳群などの扱いが難しくなるので、古墳群もひとくくりにしました。)

第10位 野本将軍塚古墳(東松山市)
全長115mで県内有数の規模を誇る前方後円墳。墳丘上は神社や慰霊碑となっており登ることができる。築造年代は諸説あるが、さきたま古墳群の勢力と覇権をあらそった勢力の墓かもしれないという説もあり興味深い。
Saita10

第9位 塩古墳群(熊谷市)
あまり見かけない古墳時代前期の群集墳で、19基ほどが山林内に見学しやすいよう現状保存されている。1,2号墳(前方後方墳)をはじめ墳形がよく残っている。
Saita09

第8位 飯塚・招木古墳群(秩父市)
120基以上からなる後期群集墳。円墳ばかりで非常に古墳密度が高い。和銅大橋のたもとに移築復元石室がある。
Saita08

第7位 金埼古墳群(皆野町)
荒川左岸に築かれた後期古墳群。緑泥片岩で構築された横穴式石室をもち、大堺2、3号墳と天神塚古墳で石室が見学できる。(大堺2、3号は入口からのみ)緑色にきらめく石室はとても美しい。
Saita07

第6位 大塚古墳(皆野町)
大型の横穴式石室をもつ円墳。玄室長5m、同幅3.15m、同高さ2.9m。公園内にあり見学しやすいが、近年になって石室入口に柵が設けられ、入室には教育委員会へ連絡して欲しいとの注意書きがある。
Saita06

第5位 小見真観寺古墳(行田市)
全長120mで埼玉古墳群の将軍塚と同時期に築造された前方後円墳。寺院境内で見学しやすい。2基の横穴式石室をもち、後円部のものは緑泥片岩の巨石で構築された複室構造のもの。近年になって柵が設けられたが入口から内部を観察できる。境内には近くの虚空蔵古墳のものと思われる天井石もある。
Saita05

第4位 吉見百穴横穴墓群(吉見町)
江戸時代から奇観として知られた横穴墓群。開口しているだけで237基もある。平面形は8種類ほどに分類され、それらを観察するのも楽しい。入場は有料だが資料館や戦争遺跡もあり、是非近くから見学したい。
Saita04

第3位 稲荷塚古墳(嵐山町)
緑泥片岩で構築された羨道部・前室・玄室からなる横穴式石室をもつ円墳。小規模だがドーム状に精巧に積み上げられた玄室はとても美しい。入口に柵があり鍵はかかっていなかったが、近年になって施錠されたという話をきいた。(未確認)
Saita03

第2位 さきたま古墳群(行田市)
言わずとしれた超有名古墳群。円墳としては全国1位の規模を誇る丸墓山古墳と、稲荷山古墳などの前方後円墳8基が狭い範囲に築かれている。現在は古墳公園として整備され、気持ちよく散策できる。また、さきたま史跡の博物館(金錯銘鉄剣は必見)・移築民家園・はにわの館など古墳以外の施設も充実している。
Saita02

第1位 八幡山古墳(行田市)
関東の石舞台とも呼ばれる横穴式石室が露出する大型円墳。石室は羨道・前室・中室・奥室からなる複室構造で全長は16.7mもある。玄室は安山岩の切石を隙間無くドーム状に精巧に積み上げ、天井石は緑泥片岩の巨石を使用している。半壊だった石室を復元したものではあるが、埼玉に来たら絶対に見ておきたい古墳である。土日祝日のみ入室可。
Saita01

惜しくも選外。
鹿島古墳群(深谷市) 整備され見学しやすいですが、小円墳ばかりで石室の展示もないのが残念。
穴八幡古墳(小川町) 精巧な切石積の石室が開口していますが入れません。
若宮八幡古墳(東松山市)同じく精巧な切石積の石室が開口していますが入れません。

各古墳の詳細は「埼群古墳館」でどうぞ。

| | Comments (0)

2009.08.08

埼玉古墳群他スライドショー

別館をリニューアル。文字を大きくし、記事欄の幅を可変にしてみました。管理人の老眼が進行中なもので(笑)。
これならやや大きめな写真もストレートに載せられます。試しに埼群古墳館の特設展示館のスライドショーを埋め込んで見ました。このサイズで見るには普通に真中をクリック。サムネイル一覧や、特大スライドショーを見るには左下をクリックして見てください。Niftyのマイフォトは使い勝手が今ひとつなので、これはいいかも。

| | Comments (0)

2005.12.03

庚申塚古墳(児玉町)

撮影2003年12月。児玉町の秋山川沿いに分布する秋山古墳群(88基)で最大規模の古墳。径34mで全長7.7mの両袖型横穴式石室をもつ。6世紀後半の築造と推定され、馬具などが出土している。なお、児玉町で石室を見学できるのはこの古墳だけ。(と思う)
kou01
kou02


明日は佐野市北部の古墳探訪に行く予定で、只今地図とにらめっこ。天気が心配だけれどできるだけ廻って来よう。最近、愛用のデジカメ(ニコンE5400、撮影枚数1万枚間近)の調子が悪い。スイッチいれても反応しないことがたびたびある。バッテリーの接点を磨いてみるか。デジイチのレンズに投資してしまったのでもうしばらく頑張ってもらわねば。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.01

小見真観寺古墳(行田市)

撮影2004年6月。埼玉古墳群の北約3kmのところにある全長112mの前方後円墳。7世紀前半の築造と考えられ埼玉古墳群の将軍山古墳と同時期か後続する首長墓と推定されている。第一主体部は巨大な緑泥片岩の一枚板を組合わせた横穴式石室で前室と後室からなる。第二主体部は小さなものだが装飾太刀や銅椀など豊富な副葬品が出土した。周辺に残る虚空蔵山古墳などとともに小見古墳群を形成する。
omi01
omi02

今日は仕事がまったくヒマな日だった。おかげで「園芸写真館」をInfoseekのフォトアルバムに引越しする時間ができてしまった。自営の身としては精神衛生上たいへんよろしくない。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.11.30

八幡山古墳(行田市)

撮影2004年11月。埼玉県行田市にある八幡山古墳。巨大な石室が露出し「関東の石舞台」とも呼ばれる。羨道・前室・中室・奥室からなる複室構造で全長は16.7m。全国的にも稀な乾漆棺片が出土し7世紀中頃の築造と推定されている。近くには有名な埼玉古墳群があるが古墳ファンならこちらも見逃せない。土日祝日は石室が公開されている。(詳しくは「埼群古墳館」へどうぞ)
hati10
hati11
hati12


Niftyのブログの容量が2GBになったのにHPのスペースは相変わらず20MBのまま。広告はイヤなのでInfoseekの有料HPスペースも使ってるけどこちらも300MB。大きな写真載せまくるとたちまち容量オーバーになってしまう。「特設展示館」はもう増やさないで、このブログにお気に入りの古墳の大きな写真を載せることにします。できれば日々思うことなども書き連ね、週2,3回更新できればと思ってます。コメントは埼群古墳館掲示板へ書いてくださると嬉しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.11

丸墓山古墳(行田市)

images/maruhaka
平成16年6月6日撮影。埼玉古墳群の丸墓山古墳。言わずと知れた日本最大の円墳。運動不足の身には辛い石段。戦国の武将石田光成はここに登って忍城の水攻めを思いついたそうである。写真クリックで1024×768表示。古墳について詳しくは「埼群古墳館」へどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.05.21

稲荷塚古墳(嵐山町)

images/rinari
平成15年11月23日撮影。埼玉県嵐山町の稲荷塚古墳石室。緑泥片岩の割石をドーム状に積み上げた玄室。埼玉では八幡山古墳の石室が有名だが、これも規模は小さいが埼玉では最も精美な石室だと思う。画像クリックで1024×768表示。詳しくは埼群古墳館へどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.23

黒岩横穴墓群

images/kuroiwa
撮影日2003/05/04。埼玉県吉見町の黒岩横穴墓群。至近にある八丁湖は遊歩道が整備され散策には大変気持ちの良いコース。画像クリックで1024×768の画像表示。古墳について詳しくは埼群古墳館TOPへどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)