2011.12.04

鉄剣号改造

以前の記事でも書いた通り鉄剣号(CAPTAIN STAG CSR700)は私の脚ではギアが重すぎなのでサイクルベースあさひに持ち込んで改造してもらいました。2段分くらい軽くして欲しいと頼んだところ、フロントを52Tから42Tにすると希望通りで在庫は44Tがあるとのこと。44Tでお願いして改造してもらったのですが正解でした。私の脚力にはぴったりです。42Tだとちょっとトップが物足りなかったでしょう。工賃込みで8400円。自分でやるとなると工具を揃えたり、きっと膨大な手間がかかったでしょうから安いものです。
11120401

ということで今日は古墳は一休みで、利根川沿いのサイクリングロードを走ってきました。遠征ばかりですとお小遣いが持ちませんしね。

今日はきつい北風で堤防に出た瞬間に、引き返そう、と思ったのですが根性を出しました。上りはずっと逆風でつらかったのですが、ギアを軽くしたので何とかがんばれました。改造前だったらギブアップでしたね。
11120402

玉村ゴルフ場のあたりではイチョウの絨毯でした。いよいよ冬の到来です。来週は、もちろん古墳に行きます。
11120403

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.11.18

鉄剣号

ここのところ休日は仕事やらイベントの手伝いなどで古墳へ行ってません。シクシク。
その代償行為かなにか知りませんが、またまた自転車を買ってしまいました。
CAPTAIN STAG CSR700 です。(懲りもせずに安物買い)
11111801

なんと700Cで折畳みという変態バイクです。これで折畳み3兄弟となってしまいました。

うちのオンボロセレナに乗っけて遊びに行くには便利なんです。二つに折って積むだけですからね。まだこれで古墳へは行ってませんが、埴輪丸1号2号と来ましたから埴輪丸V3...ではなくて、「鉄剣号」と命名しましょう。

しかし折畳んでもあまり小さくなりませんから鉄道での輪行は敷居が高そうです。(でもそのうちやるかも)

一週間ほどこれで早朝ポタしてみました。はっきり言って私のヘタレ足ではギアが重すぎです。下り坂や追い風でもなければ7段のうち6と7速では踏み込めません。とても山へは行けませんね。ショップへ持ち込んでフロントダブル化してもらおうかな。衝動買いの典型ですな。シクシク

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.09.17

リクセン化-マップケース

リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) ボトルクリック サイクルアクセサリー AM840 を利用してワンタッチで着脱できるマップケースを作ってみました。
アタッチメントの取りつけは付属の六角レンチを用い簡単に終了。
11091700

マップケースとして用意したのは100均で売っていたA6サイズのジッパーファイル。補強材として利用したのは伝票サイズのクリップボードをカットしたものです。写真のように補強材を中に入れ付属のアダプター(本来はボトルケージを取り付ける)をやはり付属のネジで固定しました。ワッシャーを咬ませると吉。
11091701

11091702

取り付けるとこんな感じ。
11091703

天候にもよりますが、私の場合は必要なマップをクリップで挟んで使うことになると思います。中に収納した状態でもOKですがこのほうが見安いので。
11091704

強風時は強度的にちょっと心配です。明日にでも実戦投入してみるつもりですので、壊れたときはレポします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.09.16

リクセン化-フロントバッグ改造編

購入してまだ三週間たらずのフロントバッグ(Tecno Cross FRONT BAG L)。リクセン化の波が押し寄せてきたため早くもお蔵入りの危機となりましたが、あまりにもったいないのでこれも無理やりリクセン化してしまいました。
11091601

アダプターに互換性はないので、加工するかプレートを買ってきて付けなおすしかありません。駄目もとでバキバキすることに。適当な工具がないので、半田ゴテや金ヤスリを駆使し出来上がったのがこれ。見苦しい写真ですいません。下部の爪が引っかかる部分が脆弱そうで心配ですが、壊れたらプレート交換ということで。
11091602

リクセンのプレートと比べ厚みがないので装着はややきつめですが、まあなんとか使える範囲に収まりました。これは軽量なのがいいですね。軽装備ですむ古墳輪行にはいいかも。
11091603

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.09.15

リクセン化-デイパック編

カメラバッグのリクセン化成功に気を良くし、次はデイパックに挑戦してみました。

失敗するともったいないので安いデイパックをアマゾンで物色。キャプテンスタッグ ワンダー デイバッグ <グレー> MT-3204 にしました。送料込みで1,270円です。(先日近くのホームセンターへ行ったら980円で売っていた)クッションは無く、ナイロンの袋に肩紐が付いただけの簡素な製品。
11091501

リクセン化にあたりブロキング!様の記事を参考にさせていただきました。補強のためのワイヤーネットは100均(ダイソー)でみつけたラインマルチラックアソートAという商品。これがMT-3204にぴったり。無加工で収まってしまいました。ラッキー!
しかしこのままでは上半分がペニャペニャなので柔らか目の塩ビ板で補強。適度に曲がった方が担いだときに楽ですね。
気休めですがクッション代わりにプチプチを挟みこんでプレートを装着。
11091502

背面はこんな感じ。
11091503

埴輪丸(ルノーAL-FDB14)に装着。埴輪丸がとても小さいので16Lのバッグがやたらとでかく見えます。これで走ると注目を集めるかも?
11091504

これも意外とうまくできてしまいました。いや、うまくいきすぎか?
2kgほどダミーの荷物を入れ12kmほど走ってみましたが安定して走れました。これは古墳輪行のお供ナンバーワンの予感がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.09.14

リクセン化-カメラバッグ編

自転車の世界には「リクセン化」なる便利なバッグ改造方法があることを知りました。
リクセン&カウル社のバッグ類に使われいるアダプターを利用して、手持ちのバッグをワンタッチで装着・取外しができるようにするのです。「リクセン化」で検索すると諸先輩の改造事例がたくさんヒットします。それらを参考に、我が埴輪丸(ルノーAL-FDB14のことです)も一気にリクセン化してみました。サドルバッグはもったいないのでそのままですが。

まずはアダプターの選択。ハンドルに取りつけるKF810(これはドッペル君に付けました)では、大きなバッグを付けると重心位置が高くなりすぎるような気がしたので、長いハンドルポストを活かしてKR851を選びました。テーパーのある太い部分(径34mmくらい)に付けましたが問題なく取付られました。
11091401

しかしこの状態で折畳むと、フレームと干渉します。そこで、こちらの記事(HandyBike8 to Go!)を参考にクイック化しました。これで工具を使うことなく向きを180度回転でき干渉せずにすみます。
11091402

次はバッグの改造。アマゾンでバッグ側に取りつけられるプレートを単品で売っていたので購入しました。手始めにお蔵入りしていたカメラバッグを改造。諸先輩方の事例を参考に塩ビ板を咬ませて補強しプレートを取り付けました。
11091403

背面はこんな感じ。
11091404

埴輪丸に取りつけたところ。
11091405

意外とうまくいったので調子にのり「デイパック編」「Tecno Cross フロントバッグ改造編」「マップケース編」と続きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.08.31

フロントバッグ

先日衝動買いしたフロントバッグをルノーAL-FDB14に装着してみました。
11083101

商品名は「Tecno Cross FRONT BAG L」。Tecno Crossはサイクルショップタキザワが立ち上げた新ブランドのようです。店頭で税込み¥3,960でした。

商品説明をコピペすると
Size:H220xW150xL280mm 489g
◆簡単取付ワンタッチ脱着システム、万能取付金具付きフロントバッグ(ハンドルバーサイズ:25.4/26.0/31.8mm対応)。中型・軽量、短距離日帰りツーリングに最適。ショルダーベルト・フロントポケット・マップケース・反射テープライン付
◆対応バイク:ロード・MTB・クロスバイク等。

ルノーAL-FDB14のハンドルバーには角度調整のクイックレバーが付いていて、ワンタッチアダプターと干渉します。そのままですとかなり前方上向きの角度になりますので、レバーを後方に倒すようにしました。それとバンドルバーのゴムパッキンも干渉するので移動。あとは問題なくアダプターを装着することができました。
11083102

11083103

バッグを取りつけるとこんな感じです。ワイヤーと干渉せず丁度よいのではないでしょうか。
11083104

バッグ本体は薄手の布で非常に軽量です。輪行にはいいかも。見た目、耐久性には不安がありますがそのあたりは使ってみてからですね。普段使いには苦しいかな。
前方にポケットがありタオル一枚畳んで入れると丁度くらいの大きさ。サイドにも小さなポケット、上にはマップケースがあります。内部には仕切りはありません。ファスナー付きの小さなポケットが一つあるのみです。
付属のショルダーベルトは短めのもので、普通に肩に掛けるには問題ありませんが袈裟懸けに腰のあたりに背負うにはやや足りません。
11083105

アダプター付きでこのお値段ですので御買い得感はあります。早速これをお供に輪行してみたいと思います。実戦投入後のレポはまた後ほど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.08.23

輪行古墳めぐりの荷物

ルノーAL-FDB14で輪行古墳めぐりをするようになって悩んだのは、携行する荷物とその運搬方法です。アクシデントに備えてあれやこれやと持って行きたいものですが、体はなるべく身軽にしたいもの。輪行も数を重ねてきたので、そのあたりを考えてみたいと思います。

携行品
古墳関連-地図、資料のコピー、デジカメ、ワイコン、フラッシュ、メモ、予備のデジカメ、LEDライト
自転車関連-輪行バッグ、パンク修理セット、最小限の工具、空気入れ、ワイヤー錠、軍手
その他-財布、カード入、携帯電話、飲料、おやつ、合羽、折畳み傘、虫除けスプレー、着替え(シャツ程度)、タオル、8×4、傷バン、消毒液

現在持って行きたいものはこんなところです。最初のころは、小さなサドルバックにパンク修理セット・最小限の工具・ワイヤー錠を入れ、輪行バッグはハンドルにぶら下げ、あとはリュックに詰め込んでいました。しかし一日背負っているとけっこう疲れます。理想とすれば古墳関連品と貴重品はリュックかウェストバッグに入れ、その他はできるだけ自転車に付けてしまいたいところです。
11082200

そのために購入したのが大型のサドルバッグ、オーストリッチ SP-731 です。大きさは、内寸で長さ約190×幅約180×前高さ約100/後高さ130mm程度。サドルへの取付はすべてマジックテープで簡単です。写真は、パンク修理セット・最小限の工具(タッパーに収納)、軍手、傷バン、消毒液、ヤッケ上下、虫除けスプレー、日焼け止めクリーム、タオル、8×4、ゴムバンド、LEDライト。この他にシャツが余裕で入ります。フタと本体のスキマに空気入れも装着できます。
11082201

11082202

ここで気になるのが防犯です。一番いいのは自転車から離れるときサドルバッグを外して持ち歩くことでしょう。しかし、古墳巡りの場合、一日10~20ヶ所くらいは立ち寄るのでいちいち外すのも持ち歩くのも大変です。それと頻繁に取付取外しを繰り返すことでマジックテープが弱くなることも心配です。そこで気軽には持ち出されない程度に工夫してみました。まあ、ハサミやペンチを持ち出されたらどうにもならないのですが。そこは貴重品を入れないということで割り切ります。
11082203

開口部は極細のワイヤー錠で閉めておきます。利用頻度の高いものはサイドポケット。それ以外はめったに使う機会はないので不便はないでしょう。
サドルバッグ本体は小型のワイヤー錠でサドルと連結。

次はハンドル廻り。輪行バッグ、ボトルホルダー、ワイヤー錠(1.8m)。
11082204

最近思いついたのですが、予備の収納としてナップザックがいい具合に取り付けられます。折畳んでリュックに忍ばせておけば、出先で書籍やおみやげを買っても安心です。
11082205

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.08.17

輪行袋破れる

愛用していた輪行袋はLubricantsのロゴが入った16インチ用で袋ごと担ぐタイプのもの(購入金額\2,100円)。霞ヶ浦輪行(輪行8回目)のさい破れてしまいました。底の縫い目がほつれてしまったのです。ポーチ状に折り畳むのが簡単で気に入っていたので、同じ物を買おうかとも思ったのですが、おそらく遠からずまた破れる予感。再利用を試みました。
11081701

破れ目を女房殿に繕ってもらいましたが、またすぐに破れそう。そこで袋に力がかからないよう、自転車にベルトを引っ掛けて直接肩に担ぐことにしました。折り畳みのジョイントにベルトを通して担いでみるとなかなかいい感じです。この一箇所だけで十分そうです。車重8.5kgと軽いですからね。
11081702

写真の向きのまま袋に収納。本当はシートポストの底を下向きにするのですが、床に置いたときに座りがよいので私は普段からこの向きです。
11081703

ベルトをファスナーの間から取りだして担ぐ準備完了。袋は自転車を覆っているだけなので、まだしばらくは使えそうです。
11081704

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2011.07.25

古墳チャリ3号か?

物欲に負け新車を購入しました。Doppelganger210constellation です。普段使い用(早朝ポタとか)にルノーAL-FDB14より走る自転車が欲しかったわけなのですが、あわよくば輪行も視野にいれて検討。ダホンのスピード8とか欲しかったのですが予算が足りません。結局、安価でそこそこかっこよく見えるDoppelganger202blackmaxと210constellationに絞り、さんざん迷ったあげく、気負った雰囲気のない色使いである210に決めました。アマゾンで\17,325です。
11072501

一昨日届いたのですが、やはり値段なりというかチープな質感ですね。ホームページの宣伝が上手いだけにホームセンターの自転車以上を期待していたのですが。
泥よけはいらないので取り外しました。ブレーキとギアを調整し早速試乗。15kmほど走ってみましたが、とくに不具合はなく値段を考えれば機能的に不満はありません。ただゴツゴツした触感のハンドルグリップは耐えがたくこれは交換する予定です。

あとは鉄道に輪行できるかということですが、これはやってみなければわかりません。8月中に一度トライしてみます。ルノーAL-FDB14と比べると約1.45倍の重量(12.3kg)なので気軽にというわけにはいかないでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)