2014.11.05

しもつけ風土記の丘資料館秋特別展

桜山公園の紅葉を見たあと、しもつけ風土記の丘資料館へ。北関東自動車道ができたので1時間半くらいで着いてしまいました。資料館脇の蕎麦屋で昼食にしましたが、ここの手打ち蕎麦うまいです。また食べたい。

資料館では秋季企画展「しもつけの埴輪群像-そのすがたをさぐる-」が開催中。ラッキーなことにこの日は入館無料でした。
14110501

あまりアップの写真はネタバレになるので、やや引いたものをいくつか。

甲塚古墳の埴輪群。埴輪作家というより洗練された職人技の埴輪という感じですね。水玉模様の服を着た女性埴輪が可愛らしかった。以前の企画展で見た機織形埴輪もありました。
14110502

鶏塚古墳の武人埴輪。やけにスマートな造形だと思ったら、上下2分割なんだそうです。
「子を背負う女子」埴輪も珍しかった。
14110503

素晴らしい展示ですので是非足を運んでみてください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2014.06.23

しもつけ風土記の丘資料館春季特別展

22日。雨なのでサイクリングもハイキングも無し。
しもつけ風土記の丘資料館で開催されている春季特別展「栃木の遺跡」を見学してきました。

小山市横倉戸館古墳群の出土品。ここは現説に行けず残念でした。一番右が壺棺墓の蓋。黒袴台遺跡に続き壺棺墓を見ることになるとは何と言う偶然。
14062300

足利市行基平古墳出土の円筒埴輪。いつのまにか発掘調査されていたのですね。今まで考えられていた規模を上回る全長44m以上の前方後円墳であることが判明したそうです。
14062301

小山市外城3号墳。ここは2月に現説が行われる予定でしたが大雪で中止になり残念な思いをしました。外城2号墳と同様の半地下式で河原石積みの石室です。見たかったな。
14062302

その他、やはり大雪で現説中止になった琵琶塚古墳出土の円筒埴輪、現説に参加した西高椅遺跡頼朝塚古墳群の出土品も展示されていました。

ロビーのポスターを見ると宇都宮市とびやま歴史体験館で新資料速報展が行われていることを知り行ってみることに。
ごく小規模な展示で古墳関連は宇都宮市大塚古墳群のみでした。(撮影禁止で写真は無し)大ジノ古墳群に隣接し大塚古墳周辺に分布するそうですがここは知らなかった。3基が発掘調査され、4号墳ではほぼ完存の横穴式石室が検出されました。宅地造成だそうですのでもう残っていないだろうな。見学したかった。
14062303

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.04.20

機織形埴輪

天気が悪そうなので今日は資料館巡り。
珍しい埴輪が見られるとのことで、しもつけ風土記の丘資料館へ行ってきました。

近くの摩利支天塚古墳・琵琶塚古墳は樹木がかなり間伐され墳丘が見やすくなっていました。桜(八重桜じゃなかったし種類は何だろう?)や菜の花がとてもきれいでしたが、曇天なのが残念。
14042002

資料館では企画展「甲塚古墳埴輪展」が開催中。注目はなんといっても機織形埴輪です。古墳時代の機織機は不明な点が多かったようですが、このほぼ完形の埴輪の発見でその構造が判明した日本初の事例だそうです。いや、よいものが見られました。他にも多くの形象埴輪が展示されていて撮影OKなのもうれしいです。
14042003

隣接する天平の丘公園では、花まつりの開催中。10種類くらいの桜が咲いているそうで丁度見ごろでした。公園を1週するバスで史跡の説明をしていたのですが、園内のオトカ塚古墳について「奈良時代末期の築造」とアナウンスしてました。あれは6世紀台の築造のはず。読み間違えたか?
14042004

もう1箇所、群馬県太田市新田荘歴史資料館へも行ってみました。こちらは企画展「太田を駆け抜けた馬たち」を開催中。地元で出土した馬形埴輪が数多く並べられていました。がんセンターにあった「人が乗る裸馬埴輪」もこちらに出張中でした。撮影不可なのが残念です。埼玉・栃木・長野など最近はOKな場所が多くなってますが、群馬は県埋分センター以外はほとんど駄目ですね。
14042005

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.03.17

足利市岡崎山古墳群他探訪

足利市の山中にはまだ未訪の古墳がたくさんあります。ハイキング日和となったので出かけてきました。今回はクルマ&徒歩。

最初は岡崎山古墳群。元三大師の裏山に分布する群集墳で32基からなります。
14031701

以前訪れたときは薮だらけでよく判りませんでしたが、遊歩道が整備され薮も刈られてよく観察できました。小さな丘陵上のいたるところ古墳だらけ。
14031702

西場古墳群は稲岡観音堂(足利市重要文化財)の裏に分布していますが薮に阻まれ辿り着けず。
14031703

磯入古墳群は、やまゆり学園のある丘陵南斜面に分布。87基からなる群集墳です。ここも斜面のいたるところ古墳だらけでした。何基か石室が残っているはずなので時間をかけて探しましたが、ほとんど埋まっているものばかりで残念。
14031704

足利公園古墳群を再訪。(写真は3号墳)特に変化はありませんでした。桜の咲く頃また来てみたい。
14031705

最後に今福町の物見古墳群。ここの13号墳の石室が残っているはずなので以前さがしたことがあるのですがそのときは見つからず。最近、足利市の史跡に指定されたそうなので探してみました。今度はあっさり見つかったのですがあまり状態はよくないですね。チャートを用いた横穴式石室で、前半部は破壊され奥寄り2mくらいしか残っていません。
14031706

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.06.10

下野~栃木市資料館めぐり

久々に埴輪丸をひっぱり出し日帰り輪行旅行に出かけてきました。
お目当てはしもつけ風土記の丘資料館の企画展ですが、体力の続くかぎりあちこち巡ってみることに。

自治医大駅で埴輪丸を組み立て出発。最初は下野薬師寺跡です。7世紀末創建と推定される寺で国史跡となっています。
13061001

回廊の一部が復元されていました。
13061002

六角堂(幕末ごろ)の方が見ごたえありますね。
13061003

下野薬師寺歴史館。もちろん薬師寺関連の展示がメインですが別処山古墳などの出土品も少しありました。銀装大刀や馬具はなかなかのものです。
13061004

風土記の丘まで埴輪丸を漕いでまず下野国分尼寺跡を見学。伽藍などの配置がわかるよう復元されていますのであとは妄想を膨らませて楽しみます。
13061005

資料館では企画展「栃木の遺跡」を開催中。佐野市赤見市場古墳を楽しみにして来たのですが写真パネルだけでした。どうやら現状の確認調査のみで埋め戻してしまったようですね。石室内は保存状態がよく副葬品も残されていたそうですが、まあ何か事情があったのでしょう。
13061006

お隣の下野国分寺跡へ。何年か前に現地説明会へ参加したときは畑や空き地だったのですがすっかり整備されていました。木陰でお茶を飲んでいたお年よりに掴まり(笑)漬物をご馳走に。かなり汗をかいたあとだったのでおいしくいただきました。ありがとうございました。
13061007

古墳成分が足らないので道すがら甲塚古墳丸山古墳などをチラリ。次ぎは下野国庁跡です。小さな資料館が併設されていますが訪れる人はめったにいないようで、国庁跡は雑草がかなり伸びていました。これでは気軽に散歩というわけにもいかないですね。
13061008

JR思川駅ふたたび輪行。
13061009

大平下駅で下車しおおひら歴史民俗資料館を目指します。その前に腹ごしらえ。でも駅前に飲食店は一軒もありません。あきらめて資料館へ向かうと駅の裏に洗心というお蕎麦屋さんがありました。普通のやや古い民家を改装したお店でちょっと入り辛かったのですがけっこうおいしかった。冷やしたぬき蕎麦大盛り完食。
13061010

おおひら歴史民俗資料館は中学生の団体でにぎやかなことになっていました。間が悪かったかなと思いながら入館してみると、おお!巨大な舟形石棺?いや舟形木棺があるではありませんか。縄掛け突起もある!こんなものが腐らずに残っていたとは!拝めて感激です。館員さんに写真を撮っていいか尋ね、OKだったので夢中で撮影しました。(中学生に遠くから「写真だめなのに」と言われてしまったのでへこみましたけど、誤解されても仕方ない状況でしたね。)ほぼ完形の木装大刀もあったし、ここはマニア必見の資料館だと思います。
13061011

お隣の白石家「戸長屋敷」(江戸時代の大庄屋)も落ち着いた風情でなかなかのものでした。資料館と合わせて入館料200円ですがコーヒーまでいただけ得した気分。
13061012

大平下駅まで戻り再び輪行。佐野駅で下車し佐野市郷土博物館へ。古墳時代の展示はごくわずかですが八幡山古墳出土の甲は一見の価値があります。

未訪の資料館はまだまだありますので、また輪行しながら訪れてみたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.11.23

特別展「吾妻古墳と藤井古墳群」

しもつけ風土記の丘資料館で開催されている「吾妻古墳と藤井古墳群」を見学してきました。
12112301

吾妻古墳現地説明会へは3回参加していますが出土品をまとめて見られたのは始めて。埴輪を樹立する時期としてはもう最後の方かと思うのですが、線刻のある円筒埴輪が出土したのですね。形象埴輪は破片ばかりで完形のものがなくて残念でした。
12112302

藤井古墳群では、44号出土の骨鏃が目を引きました。始めて見たかも。その他、近隣の著名古墳の出土品が勢ぞろいで、別処山古墳の銀装大刀など眼福でした。今回は撮影OKだったのでうれしいかぎり。

近くの摩利支天古墳に寄り道。以前よりかなり樹木が間引きされ見通しがよくなっていました。
12112303

あいにくの雨天だったのであとは寄り道せず帰路へ。そろそろ本格的に古墳めぐり開始しようかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.09.17

機神山古墳群再再訪

15日は面野井古墳群の現地説明会へ行ってきたわけですが、同日、足利市機神山24号墳の現説もあったのです。これを知ったのは現説終了後だったので行けませんでした。石室マニアの自分としては面野井よりこっちに行きたかった。残念至極。
で、あきらめきれず今日現地を見てきました。しかしすでに土嚢がつまれ石室を見ることはかなわず。あーあ。
12091701

しょ気返って振り返ると古墳と思しきマウンドが2基目に入りました。前回探訪時に見つからなかった22号と23号墳のようです。こんなにはっきり識別できるのに何故前回見逃したのか。古墳眼の未熟さを思い知らされた次第です。

機神山駐車場へ至る道路の途中に露出している17号墳。側壁の一部が崩れてしまったようですが、最近修復作業が行われたそうです。以前はなかった説明板も設置されていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.06.10

思川流域の古墳展など

今日もサイクリングを兼ねて資料館めぐり。
早起きして利根川サイクリングロードをひたすら走ります。朝食休憩は、道の駅はにゅう。写真奥の石碑と説明板は川俣締切跡(県指定旧跡)です。利根川の流路を変えるため1594年に会の川筋を締め切った跡だそうです。
12061001

古河市へ入り古河歴史博物館へ寄ってみました。立派な広い建物でちょっと期待したのですが、考古資料はごくわずか。目に付いたのは、みずらを結った男子半身像の埴輪くらいでしょうか。展示の多くは江戸期のもので、鷹見泉石が博物館の主役といっていいでしょう。(恥ずかしながら私はこの人物初めて知りました。)
12061002

さらに北上し小山市立博物館へ。企画展「思川流域の古墳」が開催されています。これが見たくて来たようなものです。写真撮影は例によってだめでしたが、図録(500円)があったのでよしとしましょう。飯塚古墳群出土の顔に赤彩がある人物埴輪群や、山王寺大枡塚古墳の刀剣類などなかなか見ごたえがありました。
12061003

ここまで約63km。さすがに私の体力では復路完走は無理でした。15kmほど走ったところで根性無く輪行して帰路へつきました。

先日いった「せいぞろい オクマン山古墳の埴輪」ですが、藪塚本町歴史資料館の「鷹匠埴輪」はレプリカだそうです。本物は相変わらず新田荘歴史資料館にあります。先週行ったときあったのでびっくりしました。企画展で出張したとばかり思ってましたので。せいぞろいと銘打ってますが本物が見たい方は新田荘歴史資料館へも行く必要がありますね。
写真は2010年に太田市で開催された、はにこれ2010のときのもの。これもレプリカだったのかなあ。
12061004

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.15

足利市探訪

先週は長野まで遠征したので、今回はあまり遠くない足利市を巡ってきました。
織姫公園のモミジが見頃だというので行ってみましたが、曇天のせいもあってか今ひとつ。ここは25基からなる機神山古墳群の分布域でもあって、今回は精査してみましたが藪古墳ばかりであまり見つかりませんでした。
10111401

今福町の熊野神社裏に石室開口古墳があるらしいので行ってみましたが残念ながら埋め戻されてしまったようです。次は北郷・稲荷山・西耕地古墳群へ。細長い丘陵上に48基の古墳が確認されていますが、ここも藪だらけなので主な古墳のみ探索。丘陵上は荒れ放題で倒木も多く風の強い日は危険ですね。4基ほど確認して早々に退散しました。(写真は分布域北端付近麓の稲荷神社)
10111402

長林寺付近から大坊山ハイキングコースを登り道了庵付近に分布する八椚古墳群を探索。ここも藪だらけでしたが石室開口墳が1基残っているはずなので踏み込みました。けっこう苦労しましたがなんとか発見。タテヨコ1mもないような小さな石室でいたが本日では唯一の石室でした。(写真はハイキングコース入口付近)
10111403

鹿島園温泉西方の丘陵斜面には西根古墳群が分布。120基あまりも確認されている大群集墳ですが残りはよくありません。ほとんどが石室を抜き取られ無残な姿をさらしています。なまじ石室部分以外が残っているので余計に無残な印象です。未調査でここまで破壊されるとは本当に残念です。
10111404

帰る途中、太田市寺山古墳がよく見えるようになっていたので寄ってみました。全長55mの前方後方墳で、この近辺の古墳を語るのにかかせない存在なのですがようやく遺跡として整備が始まったようです。遊歩道もできていました。今回は藪写真ばかり撮っていたので、今日の締めとしてちょうどよかった。
10111405

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.30

矢板市・塩谷町探訪

 さわやかな陽気の中、今回は栃木県矢板市・塩谷町方面へ出かけてきました。朝6時半頃、東北道に入りましたが、すでに混雑が始まっていてびっくりです。渋滞するほどではなかったですが。
 塩谷町道下古墳群は、医王寺近くの丘陵に分布。薬師堂近くの1,2号墳では小型の横穴式石室を見ることができました。3号墳も現存するはずですが藪に阻まれ見つからず。西の山古墳群は日々輝学園裏の丘陵上に分布しています。町史を見ると、校舎裏に発掘調査後保存された石室があるはず。事前に問い合わせたところ、見学OKとのことでしたので行って見ると覆屋が架けられた石室がありました。小型のものですが見学しやすいのがうれしい。その他、グラウンド北側の西斜面には地膨れのような小円墳がいくつか見られました。
 矢板市は、総覧的な古墳資料が見つからなかったので、遺跡地図に載っている古墳を片っ端から見ることにしました。しかし、多くは道もない山林の中で、今回はその手の古墳は速攻で断念。結局満足に見られたのは、番匠峰古墳群、立野古墳、その他神社古墳などごくわずか。
 番匠峰古墳群は、矢板運動公園とその周辺に分布。公園建設で発掘調査された1号墳が、駐車場の傍らに移築保存されています。小型ですが横穴式石室を見学することができました。その他、競技場南側丘陵上でも小円墳数基を見学。
 立野古墳は、瑞雲院墓地内にある矢板市唯一の市指定史跡古墳です。ここでも小型の横穴式石室を見ることができました。
 最後に、道路地図に載っている矢板市豊田の将軍塚(写真)へ。名前からしてもしやと思ったのですが、行ってみると古墳ではなくただの丘陵。坂上田村麻呂が奥州征伐のさい陣を張ったという伝承があるそうで、遊歩道や説明板が整備されていましたが、なんで「塚」なの?09042901

 帰りの高速は比較的順調に流れていました。途中、SAでお土産に宇都宮餃子を購入。といっても自分が食べたいだけだったりして。

| | Comments (0)