2013.02.25

史跡文化財セミナー参加

山梨県立考古博物館主催の史跡文化財セミナーに参加してきました。今回は普段入ることのできない古墳の石室に入れるかもしれないとの情報をoobutaさんからいただき早速申し込んだ次第です。

9時ごろ集合場所である千塚公園に到着すると、枯れ芝が吹雪のように舞う寒風吹き付けるひどい天候。7kmほどのコースを歩くわけですが先が思いやられます。
13022501

30人ほど集まり10時に出発。最初は加牟那塚古墳です。石室は普段は施錠され扉越しに見学するだけですが、今回は鍵を開けて入室。全長16.75m、奥幅3.3mもある大型の横穴式石室で参加者全員が入れてしまいました。無骨な自然石積みですが巨石っぷりに圧倒されました。
13022502

13022503

称念寺へ。ここの墓地の高まりは証文塚と呼ばれ古墳だそうです。ご住職に甘酒を振舞っていただき、ほっと一息。体が温まりました。
13022504

穴塚古墳。ここも普段施錠された横穴式石室があるのですが、残念ながらここは開錠されず扉越しに見学。
13022505

万寿森古墳。今回最も入りたかった大型石室があります。民間所有なのでこういった機会がなければまず見学できないでしょう。全長14.2m、奥幅2.44mの横穴式石室で30人全員はいるとちょっといっぱいいっぱいだったかな。ここも自然石積で加牟那塚古墳より小型の石材を積み上げています。年代的にはやや先行するみたいです。
13022506

湯谷神社。
13022507

塩澤寺。
13022508

大平古墳。ここはいつも開放されており、昨年来たときにたっぷり撮影しました。
13022509

とても寒くつらいハイキングでしたが、講師の平塚様のお話がたいへん楽しく、また加牟那塚・万寿森古墳の石室にも入れ満足の一日となりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.01.15

甲府盆地南部・西部探訪

一昨日の日曜日はoobutaさんと再び山梨の古墳を探訪してきました。今回は甲斐風土記の丘からスタートして、甲府市南部~中央市~市川三郷町~富士川町~南アルプス市~韮川市と広範囲に探索し多くの古墳を見学することができました。詳しくはいずれ埼群古墳館へアップします。

王塚古墳から見た大塚古墳。雪山は赤岩岳でしょうか。
13011501

南アルプス市物見塚古墳から見た富士山。
13011502

甲斐市中秣塚古墳から見た富士山。ここの赤岩台総合公園は人気があるんですね。駐車場は満杯でした。
13011503

韮川市わに塚。日本武尊の王子武田王の墓との伝承があるそうです。春には墳丘上のエドヒガンザクラが見事で多くの人でにぎわうそうです。
13011504

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.01.03

横根積石塚古墳群探訪

今年の初古墳めぐりへ行ってきました。昨年からの続きでまた山梨県です。

初古墳は大月市の子の神古墳。石室内に補強材があり奥が見えづらいですが幸先良く石室墳ゲットです。
13010201

横根積石塚古墳群西支群へ。oobutaさんから分布図をいただいたので全て見る意気込みで行ったのですが...
石室が残る14号周辺は他サイトで見た風景とは似ても似つかぬモリモリ育った藪の中でした。鉈とかもっていっていないので蔓に足をとられ薮を掻き分けながらの行軍。顔に引っかき傷ができてしまいました。写真は14号。
13010202

その南の20~36号あたりはさほどでもありませんでした。写真は29号。
13010203

沢を挟んで西側の一群も薮の中。それでも粘り強く探索し残りのよい44号を発見。結局52基を探しあてましたが10基ほどみつかりませんでした。
13010204

甲斐風土記の丘へ。銚子塚古墳の美しい造形を堪能しました。考古博物館の常設展示が撮影自由なのもうれしいですね。
13010205

周辺のマイナー墳をいくつか探して日没終了。この日は一泊してきていいよと女房殿のお許しがでていたのですが、疲労がたまりどうも気力が湧きません。実は暮れにウィルス性胃腸炎で寝込んでしまいようやく直ったばかりだったのです。やっぱり体力が回復しきれていませんでした。山梨へはまた仕切りなおして来たいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.12.24

笛吹市南部探訪

三週続けてまたoobutaさんと山梨県の古墳を探訪してきました。今回は笛吹市南部です。
前日の積雪が心配でしたがほとんど融けて問題なし。でもさすがに雁坂峠越えは凍結が怖いので中央道を使いました。大月ICを降りてからは混むとおもいましたが早朝のせいか普通に流れていましたね。

経塚古墳(移築)
12122401

千米塚古墳群。1号墳は草が刈られていい感じでした。
12122402

ここから西へ向かって遺跡地図に載っている古墳をしらみつぶしに探しましたが、指定史跡や県史・市町村史に載っている古墳は別にすると打率2割くらいだったかな。古墳を見つけていてこんな石碑を発見。「超伝導浮上方式鉄道 運行安全祈願之碑」
12122403

岡銚子塚古墳。
12122404

ここからの景色は素晴らしい。春は桜がきれいだそうです。
12122405

今年の古墳探訪はおそらくこれで巡り納め。年が明けたらまた探訪しまくりたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.12.17

甲府市北部探訪

前週に続き再び古墳仲間のoobutaさんと山梨県の古墳を探訪してきました。穏やかで暖かな晴天となり雁坂峠も凍結の心配はなし。道の駅みとみで休憩し甲府市へ向かいます。
12121701

少し時間があったので前回パスした春日居古墳群蝙蝠塚古墳を探してみました。県史の分布図は縮尺の大きな地形図にマークがしてあり非常にわかりづらかったのですが、前回わかった古墳の位置からスケールをあてて位置を割り出しこれがビンゴ。全長9mの石室は前半部が崩壊していましたが後半部はなんとか残っていました。
12121702

oobutaさんと合流し主に甲府市北部の古墳を案内していただきました。これは愛宕山こどもの国にある二ツ山1号墳。開口部が激狭で潜れませんでしたが玄室はしっかり残っていました。近くには2号墳も残存。
12121703

この後、大笠山山頂付近にある古墳を探しに登山開始。しかし山頂付近は巨石が数多く見られるだけでどれが古墳かさっぱりわからず成果無しでした。ここで足に疲労がたまりこの後の古墳探索にひびきました。でもこんな景色が見られたからまあいいか。
12121704

湯村山古墳群とその周辺の古墳を探訪し(ここも山登りだった。山梨は体力がいります。)加牟那塚古墳へ。北部では一番大きな古墳で石室も巨大。施錠され入れなかったのが残念でした。
12121705

この後、甲斐市と北杜市の古墳を少し見て本日は日没終了。oobutaさんのご案内のおかげで25基の古墳を探訪でき、そのうち石室は15基と大満足の一日となりました。ありがとうございました。成果は年明けに再開する埼群古墳館の定期更新にアップします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.12.10

甲州市・山梨市・笛吹市春日居地区探訪

ついにというか、やっと山梨デビューしました。
昨日は古墳仲間のoobutaさんと甲州市・山梨市・笛吹市春日居地区を探訪。遺跡地図掲載(かなり古い全国遺跡地図山梨)の古墳をしらみつぶしに探索したので空振りも多かったのですが、oobutaさんにとって既知の古墳も数多く案内していただいたので多くの古墳を見学することができました。ありがとうございました。

山梨市稲荷塚古墳。農園のぶどう畑に残る石室墳です。この辺りはこんな感じで残っている石室が多かった。朝早くから見学をお願いしてすいませんでした。
12121001

甲州市へ入り石室無しの古墳や空振り多数のあと中原塚屋古墳へ。石室開口でした。
12121002

青峰園さんの敷地内に残る天神塚古墳。許可をいただいて見学しました。巨石を用いた大型の玄室(長さ6.5m、幅2.3m)で迫力満点。大事に保存してくださりありがたいかぎりです。
12121003

山梨市岩下温泉周辺にも石室墳があります。天神塚古墳も巨石を用いた長大な玄室を持ちます。
12121004

近くの牧洞寺古墳、観音寺古墳、山寺古墳も石室残存でした。
笛吹市春日居地区へ。ここも古墳だらけの地域で、取りあえず保雲寺周辺を探索しました。
平林2号墳復元石室。バイパスの脇ですが本当にわかりにくい場所に移築されています。
12121005

この北側にも多くの古墳があるはずですが道路からみた限りでは日向塚くらいしかわかりませんでした。さらに奥にある笹原塚3号墳への道は車両通行禁止でしばしハイキング。oobutaさんはすでに行ったことがあるのにお付き合いいただきすいませんでした。振り返るとこんなに高く登ってきてました。
12121008

さらに未知の古墳を探しに長谷寺の石段を登ります。500段あるそうでこれは疲れました。
12121006

境内に古墳は無さそうでしたが、丁度居合わせたご住職と話をすることができ近くの塚の場所をご教授いただきました。半壊の石室墳で、山梨県史の分布図と照らし合わせると菩提塚かな。
12121007

最後に春日居狐塚古墳・春日居天神塚古墳・金塚古墳を見学して終了。

中央道が通行止めなので雁坂トンネルを抜けて往復しましたが思ったより時間がかからずびっくりしました。ただこれからの季節は路面凍結が怖いのでどうしよう。トンネル周辺はすでに雪景色でしたしね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)