« May 2012 | Main | July 2012 »

2012.06.18

スマートフォン対応東京館仮オープン

昨日は群馬県榛東村金井古墳群の現地説明会へ出かけてきました。正式アナウンスが三日前だったせいか朝雨が降っていたせいか、参加者は少なかったですね。詳しくは埼群古墳館の次回更新(22日)にてアップします。
12061801

それはさておき
ここしばらく埼群古墳館のリニューアルについて考えていました。やりたいことは、

1.スマートフォンで見やすくしたい。
2.各古墳ページを横断的に閲覧できるようにしたい。

WordPressで書き直せば実現できそうなので、とりあえず東京館を移植してみました。表を多様するとスマフォでの表示は酷いものですね。しかし古墳一覧は表にした方が見安いので、パソコン用はそのまま、スマフォ用はWordPressの2本立てとすることにしました。ただし各古墳ページはWordPressで書いたものにしますので、次回更新で東京館の古墳一覧からのリンクはWordPressへ移行します。スマフォ用トップページはここ。

埼群古墳館Archives東京
すいません。大幅にいじる必要がありそうなのでまた後日アップしなおします。(6月19日追記)

スマフォをお持ちの方は使ってみてのご感想など是非お寄せください。もうしばらく練ってから他県のコンテンツも移行したいと思います.....って数が多すぎてくじけるかも。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2012.06.10

思川流域の古墳展など

今日もサイクリングを兼ねて資料館めぐり。
早起きして利根川サイクリングロードをひたすら走ります。朝食休憩は、道の駅はにゅう。写真奥の石碑と説明板は川俣締切跡(県指定旧跡)です。利根川の流路を変えるため1594年に会の川筋を締め切った跡だそうです。
12061001

古河市へ入り古河歴史博物館へ寄ってみました。立派な広い建物でちょっと期待したのですが、考古資料はごくわずか。目に付いたのは、みずらを結った男子半身像の埴輪くらいでしょうか。展示の多くは江戸期のもので、鷹見泉石が博物館の主役といっていいでしょう。(恥ずかしながら私はこの人物初めて知りました。)
12061002

さらに北上し小山市立博物館へ。企画展「思川流域の古墳」が開催されています。これが見たくて来たようなものです。写真撮影は例によってだめでしたが、図録(500円)があったのでよしとしましょう。飯塚古墳群出土の顔に赤彩がある人物埴輪群や、山王寺大枡塚古墳の刀剣類などなかなか見ごたえがありました。
12061003

ここまで約63km。さすがに私の体力では復路完走は無理でした。15kmほど走ったところで根性無く輪行して帰路へつきました。

先日いった「せいぞろい オクマン山古墳の埴輪」ですが、藪塚本町歴史資料館の「鷹匠埴輪」はレプリカだそうです。本物は相変わらず新田荘歴史資料館にあります。先週行ったときあったのでびっくりしました。企画展で出張したとばかり思ってましたので。せいぞろいと銘打ってますが本物が見たい方は新田荘歴史資料館へも行く必要がありますね。
写真は2010年に太田市で開催された、はにこれ2010のときのもの。これもレプリカだったのかなあ。
12061004

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2012 | Main | July 2012 »