2014.04.14

天城山登山と松代方面探訪2

前週の長野探訪では天候に恵まれず消化不良。なのでもう一度行ってきました。

今回は絶好の古墳日和。朝7時に妻女山駐車場から前週行けなかった天城山山頂を目指し登山道に入ります。ここから標高差で280mくらい。念のため熊鈴装着。
14041401

15分ほど歩き尾根に出ると天城山が見えてきました。山頂まで登ったあとは、尾根伝いに西へ(唐崎城跡方面)向かい、老の塚古墳・権現山古墳を見て、来た道を引き返しながら堂平古墳群を探す予定です。
14041402

天城山手前で登山道を外れ尾根伝いに進みます。
14041403

2基の古墳があり、どちらも天井石を失った石室が見られました。長野市の遺跡地図(行政地図情報)では「天城城跡」として「古墳2基露出」とあるのでこれのことでしょうか。
14041404

山頂へ最後の100mは激坂でゼイゼイいいながらやっとの思いで登頂。ここには「天空の古墳 坂上古墳」があります。天井石を失った横穴式石室が露出。いくつかの登山系のブログでこの古墳の写真が載っているのですが、その写真の感じよりより大きかった。幅2mくらいはありそう。
14041405

西へ転進し唐崎城跡方面へ。途中岩のみの尾根があって怖かった。そこ以外は尾根道なので勾配はたいしたことなし。千曲市遺跡地図に載っている老の塚古墳は発見できず。天城山山頂から1kmほどで権現山古墳を発見。遺跡地図と位置はあっているのでたぶんこれのはず。
14041406

ここから引き返し堂平古墳群を探索。これは難儀しました。尾根のすぐ下を探していたのですが標高差で80mくらいも下でした。8基からなる積石塚群で、ざっと見て6基発見。
14041407

下山してみるともう出発から3時間も経過。疲労が足にずっしりです。

麓に未訪の日の尾古墳があるはず。道に看板が出ていたので期待大。おお、石室が開口しているではありませんか。しかも大型の横穴式石室。羨道部もしっかり残っています。目分量で玄室高さ幅とも2.3m、玄室奥行き5m以上といったところでしょうか。石室写真はいずれ埼群古墳館にアップします。
14041408

次ぎは尼厳山登山道の途中にある天王山古墳群。こちらは標高差60mくらいなのでたいしたことないのですが、疲労が溜まった足ではつらい。やっと3基発見して、うち1基では破壊された横穴式石室が露出していました。
14041409

麓ではあんず祭り開催中。きのこ汁うどんをおいしくいただきました。満開のあんず畑は一見の価値有りですね。
14041410

この後、皆神山周辺のマイナー古墳をいくつか見て本日の予定終了。最後に松代城跡でおやつ休憩。まだ桜は5分咲きといったところでしょうか。今度の週末あたり見ごろかな。
14041411

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.04.07

長野市松代周辺探訪

古墳仲間のoobutaさんをお誘いして長野市の古墳探訪。今回は松代周辺の山上の古墳ばかりで、軽登山を数回繰り返す予定を立てました。体力が最後まで持つか。

最初は大室古墳群金井山支群。麓から尾根上の平和観音まで遊歩道が整備され見学は容易でした。
14040701

尾根には456号~460号があり、横穴式石室完存2基・一部存2基を見ることができました。写真は458号墳。麓からピークにある459号墳まで標高差は約130mくらいだったのでまだまだこれから。
14040702

次ぎは大室谷支群で整備が進んだところを少し見学。昨年調査された221号墳の合掌形石室が復元されていました。この周辺の他の古墳も説明板が充実しとても見学しやすくなっています。
14040703

少し離れた鳶岩単位支群(31・32・33号)も最近整備されました。
14040704

次ぎは大室古墳群北山支群。ここは石室はありませんが約500基ともいわれる大室古墳群で唯一の前方後円墳(18号墳)があります。写真は金井山からの遠景。中腹にあるまきばの湯から軽登山です。
14040705

薮漕ぎを覚悟してましたが尾根に登山道がありさほど苦しまずすみました。おそらく地元ボランティアの方の手で整備されているようでありがたいかぎりです。18号の後円部上に8号古墳、前方部上に9号古墳と記された立札がありましたが、この番号はなんだろう?立てた方が何か勘違いされたのでしょうか?
14040706

この後、麓にある周辺の古墳をいくつか見学していると天候が急変し吹雪になってしまいました。一時間以上やまず、お昼をまわったばかりですが撤収しようかということになりましたが、また晴れてきました。妻女山近くの清野古墳群へ行くことに。薮漕ぎをして2基の円墳を発見しましたが、またもや雪。ここから天城山まで登山する予定でしたが中止にしました。

県立博物館へ行きoobutaさんと分かれ、私は博物館を見学。あんず祭り協賛とかで入館料無料でラッキー。企画展「長野県の遺跡発掘2014」が開催されていました。古墳関連はわずかでしたね。
14040707

外へ出てみるとかなり天候が回復。まだまだ日が高いので未訪だった倉科将軍塚古墳まで登ってみました。写真の山のピークが鷲尾城跡で、その先が倉科将軍塚古墳です。もの凄い激坂でまいりました。下草がほとんどなく古墳はよく観察できましたが疲れました。今日は筋肉痛です。
14040708

古墳について詳しくはいずれ埼群古墳館にアップします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2013.11.25

飯山市探訪

長野県北部、飯山市の古墳を探訪して来ました。今回は(も?)古墳仲間のoobutaさんと同行。

今回のお目当ては、飯山市の前方後方墳3兄弟(勘助山古墳・有尾山古墳・方伝寺古墳)や木島平村の指定史跡などでしたが、全て見学することができました。写真は和栗古墳の合掌形石室。薮に覆われていましたがoobutaさんが掃除してくれました。
13112500

詳しくは後ほど埼群古墳館へアップするとして、晩秋の景色など。

県道96号から勘助山古墳へ向かう登山道から。10分程度で古墳へたどり着きますが行程差70mを一気に登るので疲れた。
13112501

大塚古墳群付近の農道。
13112502

根塚遺跡のある小丘。
13112503

木島の飯綱神社境内ではカモシカと遭遇。けっこう近づくまで全く動かなかったので置物かと思った。
13112504

その飯綱神社から信濃川。
13112505

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.08.13

アルプスあずみの公園内の古墳

10日に国営アルプスあずみの公園内にある古墳の現地説明会が開催されたのですが、都合で行けず翌日に行ってみました。

公園は広大な敷地で素晴らしい景色。昆虫の企画展や水遊びができるので家族連れで賑わっていました。
標高600mほどですがそれでも十分暑かった。
13081301

発掘調査されているのは、穂高古墳群に属する有明F9号墳。隣にF10号も現存し二ツ塚と呼ばれています。
2009年から國學院大學による発掘調査が継続して行われているそうです。作業中でしたが声をかけて見学させていただきました。ありがとうございました。
埼群古墳館に調査前のF9号を掲載していますが、こんな立派な横穴式石室が残っていたとは思ってもいませんでした。
13081302

近いうちに埼群古墳館にアップしたいと思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2013.04.30

上田市探訪

28日は久しぶりの古墳巡り。古墳仲間のoobutaさんと上田市を探訪してきました。

上田道と川の駅で待ち合わせ。ここには移築復元された半過古墳の石室があります。ここを見学してから出発です。
13042800

上田市の主な古墳はすでに見てしまっているのでマイナー古墳ばかりの見学となりましたが、小石室をいくつも見ることができ満足の一日となりました。oobutaさんにはいつもお世話になりっぱなしでありがとうございます。
詳しくは埼群古墳館へアップするとして、遅い春の景色をいくつか。

練合日向塚古墳の近くで。
13042801

桜林1号墳の近く。
13042802

浦野古墳から浦野地区を見下ろす。
13042803

加美畑神社の桜。
13042804

連休後半はいろいろと予定が入ってしまい古墳へは行けそうもありません。今シーズンはそろそろ終了かな。

| | TrackBack (0)

2012.07.14

佐久市兜山遺跡現地説明会

仕事を抜け出して佐久市兜山遺跡現地説明会へ出かけてきました。
待ち合わせたわけではないのですが、今回もいつものようにoobutaさんと遭遇。お互い熱心なことです。(oobutaさんとは明日も古墳イベントでご一緒する予定。)
千曲川左岸丘陵斜面に8世紀に築かれたと推定される横穴式石室を持つ古墳だそうです。詳しくは次回埼群古墳館更新でアップします。
12071401

12071400

現場から千曲川方面(旧臼田町)を見おろす。
12071402

現説終了後、復元された古墳があるそうなので近くの新海神社古墳群を訪れてみることにしました。写真は東御陵古墳。この時期の石室観察は辛いもので泥だらけになってしまいました。そのつもりではなかったのでヤッケなどの装備品は持ってきていなかったし。こちらも次回埼群古墳館更新で取り上げてみたいと思います。
12071403

時間があればまだoobutaさんと近在の古墳を巡りたかったのですが、仕事に戻らないと女房殿の怒りに触れそうなのでさっさと帰ることにしました。明日も楽しいイベントがあるしね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.08

諏訪湖近辺探訪

藪が枯れるまでもう少しなのですが我慢できず出かけてきました。今回は長野県諏訪湖近くで見逃していた古墳をチョイス。一人では怖そうな場所(クマが心配だったのですが行ってみたら心配するほどではなかった)もあるので、コフニスト仲間のoobutaさんをお誘いして巡ってきました。
箕輪町からスタート。松島王墓古墳、源内古墳、羽場の森古墳群など指定史跡はどれも整備されており順調に見学できました。郷土資料館脇には移築復元された天王塚古墳があり石室も見学できます。資料館では源内古墳出土品を興味深く見学。その他縄文の資料もたくさんあって、そちらも好きなoobutaさんは熱心に見入っていました。
10110701

辰野町の御陵塚を見たあと諏訪市へ移動。西山公園からは諏訪湖や諏訪市街が一望でき紅葉もきれいでとてもいいところなのですが、なんと期待していた考古資料館は閉館?事前に頼めば開けてもらえたのかな。しかし公園の清掃をしていた方に尋ねると近くに山姥塚古墳があるとのこと。行ってみると、残念なことに昔は石室内に入れたそうですが今は開口していませんでした。
10110702

茅野市に入り前回見落とした樋沢古墳石室を見学。その後、検校庵近くに残っているはずの矢穴古墳・中矢穴古墳を探索しました。市役所の人から、藪で見学は困難と言われていたのですが意外とあっさり発見。残り方はよくないですが一応石室も見られました。
10110703

再び諏訪市へ入り、市史に石室写真が載っている神戸の矢穴古墳を探索。場所がわからなかったのですが、公民館で尋ねると親切にも遺跡地図を探してくれて助かりました。所有者にお断りして見学しましたが、石室が露出し石室内はほぼ埋まっている状態でした。
10110704

次に四賀小学校北側の山中へ。石室が残っているはずの藤塚古墳を探してみました。藪漕ぎを覚悟していたのですが、山林は整備されており簡単に発見でき助かりました。ただ横穴式石室は側壁がかなり崩れており危険な状態。市史編纂のころはこんなではなかったようなので現在進行形で崩壊中なのかもしれません。この近くに四ツ塚古墳群もあるのですが、こちらはかろうじて2基残るのみ。

今回は正確な場所がわからなかったので困難が予想されたのですが、地元の方が皆親切に教えてくださり本当に助かりました。それに二人だとクルマで移動中も発見しやすくていいですね。oobutaさんには急な誘いにも関わらずお付き合いいただきありがとうございました。

| | TrackBack (0)

2010.05.03

安曇野市再訪

さわやかな春の晴天の中、またまたoobutaさんと一緒に長野県安曇野市の有明(穂高)古墳群を探訪してきました。菜の花や山桜、そして北アルプスの威容。先々週来たときも思いましたが本当に景色のよいところですね。
10042901

道の駅アルプス安曇野で待ち合わせをして出発。oobutaさんは何回か有明古墳群を探訪していて8割方見学済みのようですが、お言葉に甘えて南端のF群から順番に見学していきました。石室はほとんど崩されてしまっていますが、痕跡を留めるものも多く遠征してきた甲斐ありです。写真はB群の連塚古墳。見つけ出せなかった古墳もけっこうありましたが、それでも約40基ほどを確認することができました。
10042902

その後、少し足を伸ばし大町市の新郷1号古墳へ。横穴式石室をもつ積石塚で指定史跡となっています。地番を頼りにさがしましたが、すぐに見つかってよかった。
10042903

今回はoobutaさんには、多くの古墳の案内のみならず運転までしていただき、本当にありがとうございました。また機会がありましたらご一緒しましょう。

| | Comments (0)

2010.04.19

松本市・塩尻市・安曇野市探訪

またまた長野県まで遠征。今回は松本市~塩尻市~安曇野市の比較的有名な古墳ばかりを選んで駆け足で巡ってきました。普通はここまで来たら松本城を見学するのでしょうが、桜が満開で混雑が予想される弘法山古墳をまっさきに目指しました。山頂に築かれた前方後方墳なのですが、この墳頂からは北アルプスや松本市街が一望でき桜も満開で想像以上に素晴らしい景色でした。早起きした甲斐があります。
10041801

その後、中山古墳群などを見学し塩尻市の平出遺跡へ。ガイダンス施設で古墳の場所を尋ね(お茶をごちそうになりありがとうございました)ると、少し離れた博物館近くにあるとのこと。行ってみるとまだ雪が残っていましたが見学には問題なし。平出古墳群3基の内、1基で石室をみることができました。
10041802

安曇野市へ移動しoobutaさんに教えていただいた前ノ髪古墳石室を見学。雪のあとだけあって石室内もぬかるんでおり、おまけに匍匐前進ですが、ヤッケ持参を忘れなかったので無事に潜ることができました。小型ながら完存でした。その他、上原古墳やぢいが塚古墳・陵古墳・魏石鬼いわや古墳などメジャー級の古墳のみ見学。ここには多くの古墳が残っているのでとても廻り切れません。その他は今後のお楽しみ。写真は上原古墳から見た北アルプスです。本当に景色のよいところですね。
10041803

さらに北上し松川村の祖父が塚古墳、池田町の鬼の釜古墳でも、残りのよい石室を見ることができました。詳しくはいずれ埼群古墳館へ掲載します。

| | Comments (0)

2010.04.12

千曲市で古墳登山

コフニスト仲間のoobutaさんと長野・千曲市の古墳探訪へ出かけてきました。今回は一人では心細いような山中の古墳を目指すつもりです。早朝は雨がぱらついていましたが、7時半ころにはほとんどやんでヤレヤレです。
最初は、土口公民館を出発し薬師山を登ります。
10041101

いきなり標高差80mのつづら折りを一気に登るのですが、運動不足の身にはこたえました。ここから尾根伝いに土口将軍塚古墳~五量眼塚古墳と見学。この間の標高差は60mくらいあるのですが尾根伝いだと楽ですね。
10041102

oobutaさんとカメラ談義などしながら、五量眼塚から天城山への林道を1kmほど歩き大型の横穴式石室をもつ堂平大塚古墳へ到着。信仰の対象となっているようできれいに整備されています。石室は期待にたがわず大型で、全長8.5m、天井高は3mほどもあります。これは来てよかった。帰りは、そこから谷間に沿ってあるかないかわからないような道をおりましたが、逆ルートだったら辿り着けなかったかも。
次は長野市へ移動し松代町西条の舞鶴山へ。県文化財の開善寺経蔵にクルマをとめ山頂を目指します。
10041103

油断すると滑り落ちそうになる急斜面を、近くの警察学校の訓練の大声をBGMによじ登りました。先ほどの疲れが残っていて何度も休みましたが、それでも足が攣りそうになりまいりました。oobutaさんにはご迷惑かけて申し訳ありませんでした。尾根先端には舞鶴山1号(円墳)と2号(前方後円墳)があり、市史跡ですが朽ち果てた説明板があるだけで全く未整備。1号の墳頂には竪穴式石室の一部と見られる石材が見られましたが、2号のは埋まっていました。
oobutaさんの案内で杉山古墳群へ。積石塚群ですが、上の方の数基は言われなければ古墳とわかりませんが、D号は石積がよく残っていたし、近くのE号では竪穴式石室も見られました。
10041104

その後は千曲市内のマイナー墳をいくつか見学。有明山の西麓では横穴式石室2基が見られて収穫ありました。写真は寂蒔古墳群のある金毘羅神社からの景色。逆に千曲川西岸は地味な古墳ばかりでした。
10041105

最後に森将軍塚古墳館と県立博物館を見学して本日の探訪は終了。oobutaさんには大変お世話になりありがとうございました。また機会があったらご一緒しましょう。

今日は少し筋肉痛です。もうトシなので明日は酷くなるかも。

| | Comments (2)