« December 2009 | Main | February 2010 »

2010.01.11

井出二子山古墳

今年最初のブログです。正月休みにいった探訪記もかかなければと思いつつ、今日少し時間があったので群馬方面に行った記事を少し書きます。
高崎市井出二子山古墳の史跡整備が終わり、かみつけの里博物館で「山麓の開発王 井出二子山古墳の世界」という企画展をやっているので見にいってきました。最初に舟形石棺の実物大復元模型が目に飛び込み期待が高まりましたが、石棺は何回も盗掘を受けているとのことであまり目だった副葬品はありませんでした。群馬の前方後円墳では最初に人物埴輪を取り入れたそうですが、円筒埴輪以外はあまり残りがよくなかったらしくビジュアル的には今ひとつかな。しかし八幡塚古墳との比較検討する材料が増えたことで、図録は面白そうな内容です。これからじっくり読んで見ます。さて肝心の古墳は、二重の堀を巡らした広大な前方後円墳で墳長108.5m、堀を含めて213mもあります。堀や中島も復元され、榛名山をバックにしたシルエットは見ごたえ十分です。惜しむらくは舟形石棺は埋め戻しで、墳頂に原寸大写真で展示。秋には堀がコスモスで埋め尽くされるでしょうから、また来てみたいと思います。
10011101

ついでなので旧群馬町大塚古墳へ。横穴式石室が残っているとのことで過去に2度探して見たのですが不発だった古墳です。今回は藪を掻き分け突入し、なんとか発見することができました。羨道破壊で玄室しか残っていませんがけっこう大型でした。自然石を積んだ武骨な造りで、金古愛宕山古墳の玄室よりは大きそうです。
10011102

次に公園化の工事中である南下古墳群をサラっと見学。祝日なのに今日も工事をしていました。完成したらまた訪れてみたいと思います。願わくば、石室の保存を考えつつ、愛好家には見学できるようにして欲しいものです。
10011103

| | Comments (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »