« November 2008 | Main | January 2009 »

2008.12.26

TA780Gm2+その後

朝一番の起動が遅く苦労したBIOSTARのマザーボードTA780Gm2+。11月下旬に新しいBIOSがアップされていたので納戸から引っ張り出し試してみることにしました。まずは、そのままでWinXPをセットアップ。前回と同じく何の問題もありませんが、一晩おいてスイッチを入れてみると、やはり何分もたたないとBIOSが立ち上がりません。しかし新しいBIOSに書き換えてみたところ、なんとすぐに立ち上がるようになりました。一週間ほど試しましたが今度は問題ないようです。私の環境とBIOSの相性が悪かったのか?

正規にWindowsをセットアップしたいところですがXPやヴィスタのライセンスはもうないので、お蔵入りしていたWindows2000を入れてみました。対応ドライバがないので少し苦労しましたが、ネットで検索したところ、ギガバイト社製のマザーでのドライバ改造事例があったので、それを参考にして何とか使えるようになりました。注意点はBIOSでHDオーディオを無効にすることです。そうしないと起動途中で止まります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.22

龍ヶ崎市・牛久市東部探訪

 昨日は、龍ヶ崎市と牛久市東部の古墳探訪へ出かけてきました。とても12月と思えないポカポカ陽気で、上着とセーターを脱いでも汗ばむほど。
 龍ヶ崎市は小規模な古墳ばかりで、発掘されたものを除くと古墳か近世塚かよくわからないというのが現状のようです。必然的にビジュアル的には物足りなく、しかも公園・神社以外はほとんど例外なく猛烈な藪。20ヶ所くらい巡りましたが今回はさすがに空振り多数でした。
 牛久市東部も似たような状況で、唯一、獅子見塚古墳は工場団地の一角に現状保存され見学しやすい状態でした。

 詳しくは近いうちに埼群古墳館へアップします。今年は今回で巡り納めかな。

 写真は、たつのこフィールド隣にある「たつのこ山」。巨大な円墳のようで、思わず遺跡地図で確認してしまいました。もちろん現代の「墳」です。
08122101

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.12.14

吾妻古墳第二回現地説明会

 昨日は栃木県壬生町の吾妻古墳第2回現地説明会が行われたので、無理やり時間を作って参加してきました。定刻の10時半ごろになると150人ほどの人が集まり、栃木テレビも来ていました。内容について詳しくは栃木県埋蔵文化財センターHPに現説資料がアップされていますので、そちらを御参照ください。
 今回のお目当ては、なんといっても石室です。まだ上部が顔を覗かせている程度ですが、切石の奥壁・側壁を見学することができました。ここから抜き取られたとされる玄門(壬生城址公園にあります)と寸法がぴったり一致するそうです。他には、後円部のトレンチで規模が確定したことや、復元された円筒埴輪の展示、隣接する藤井39号墳との関係など。本館がネタ切れなので、他の写真などは今度の定期更新で埼群古墳館へアップします。
 帰りに壬生城址公園に寄り、前回スルーした歴史民俗資料館へ。ここには町内の富士山古墳から出土した人の背丈ほどもある巨大な家形埴輪が展示されています。マニアでなくても必見ですよ。これは。
Azuma01

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.12.08

美浦村探訪

 冬晴れの中、先週の続きで茨城県美浦村へ。朝は相当冷え込みましたが、日中は風も無く絶好の古墳日和となりました。
 美浦村には、三王山古墳・弁天山古墳・愛宕山古墳などの大型古墳があるので楽しみにしていたのですが、どれも見学には問題ありませんが、樹木などで全景をつかむのは難しい状況でした。他の古墳群も道が藪で消えていたりで、予定の半分くらいは断念する羽目に。一番整備され見学しやすかったのが木原白旗2号墳(白旗石尊古墳)。テキサス・インスツルメンツ工場駐車場脇にある全長55mの前方後円墳で、墳形がよく残っています。その他、予定にはなかったのですが庚申古墳出土の石棺を見学することができ、これは幸運でした。詳しくは近いうちに本館へアップします。
 さすがに家の手伝いをせよと女房殿からお叱りを受けたので、次週はお休みかな。
08120701

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.12.01

阿見町探訪

 今年も昨年の続きで茨城県探訪の開幕です。そろそろ日帰りではきつくなってきたので、時間短縮のため今年から新ルール適用。所在地が藪だらけの場合、石室でもないかぎり道から見えなかったら探さないことにします。
 今シーズン一発目は、霞ヶ浦に面した阿見町。高速を使わないと片道2時間半くらいかかります。いつものようにセカセカと廻り、立の越古墳群や実穀古墳群など多くの古墳を見学することができました。(本館にアップする日が近いので詳細はそちらで)でも、ここの古墳は地味な佇まいのものが多くビジュアル的には今ひとつかな。そんな中で目を引いたのが塙地区公民館に保存されている大塚古墳の天井石。文献で、近くの古墳から出土した直刀が保存されているとのことで行ってみたのですが、これが勘違いでここの公民館ではありませんでした。やれやれと思い帰ろうとしたら、何やら巨大な石があるのが目に飛び込んできました。近くの大塚古墳から出土したもので、橋として利用され、近年廃棄されるところを地元の人たちの努力で、ここへ保存したのだそうです。3×2.6mもある巨石で、これは幸運でした。08113001

 帰る途中、境町の巨大ショッピングモールで途中下車。ここには鷲塚古墳があり以前見学したのですが、建物の下かと思っていた「おたま塚古墳」が駐車場の一角にあるとのこと。(埼玉古墳軍さんのHPで知りました。)駐車場の盛土のため古墳は地下となり鉄板の蓋がされていました。なんで鷲塚のように(見学で切るように)できなかったのでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »