« 太田市北部探訪 | Main | 古墳地図作成(妥協編) »

2008.06.25

古墳地図作成(挫折編)

 古墳の位置について今まではカシミールのデータとして提供していましたが、グーグルマップが使いやすくなったこともあり、HPから手軽に閲覧できないものかと試行錯誤してみました。まず、やりたいこと。

1.ソフトやプラグインのインストール無しでブラウザから閲覧できること。
2.地図上に古墳の位置を表示する。
3.地図上に当サイトの古墳ページのリンクを埋め込んで閲覧できるようにする。
4.地図だけでなく、古墳一覧も表示して、お目当ての古墳の位置をわかりやすくしたい。
4.楽がしたいので今まで溜め込んだカシミールのデータを利用したい。

国土地理院の地図が好きなので最初は電子国土の利用を考えみたのですが、プラグインが必要(最近、プラグイン無しの正式バージョンができましたが、表示が遅いし今ひとつ不安定)なので却下。他のサービスからだとやはり航空写真の魅力もあり、グーグルマップでなんとかできないものかと考えてみました。

カシミールのデータをグーグルのkmlファイル変換に変換してくれるソフトを探してみたら「trk2googlemaps & kml」というフリーソフトをみつけました。今までカシミールで管理していた古墳のgpsデータを、カシミールでwptやgpxといった形式に変換して、このソフトに読み込ませれば、簡単にkmlファイルを作ることができます。それだけでなく、グーグルマップを埋め込んだホームページまで作ってくれます。カシミールのリンクファイル(lml)は使えないので、古墳ページへのurlの埋め込みは手作業となりますが、出力してくれるHPが気にいった(特にウェイポイント、つまり古墳名の選択ができる)ので、最初はこれで作ってみることにしました。

茨城県各地の古墳地図を作ってみましたが、使い勝手を検証してみて不満な点がいくつか出てきました。
1.地図上から古墳ページへ飛んで、地図へ戻ってくると地図が初期状態に戻ってしまう。たとえば拡大して見ていたのに、もどってきたら元に縮尺になってしまうということ。
2.IEなら問題ないようなのですが、ネットスケープで閲覧したところ正常に表示されない。

1.については出力されたスクリプトを書き換えて別窓を開くようにすればいいのですが(本当はしたくない)、2については私のスキルではどうしようもなく泣く泣くこの線はあきらめることにしました。

次に、上記で出力されたkmlを使い、グーグルマップを埋め込んだHPを自分で作ってみました。しかし、地図とリンクした古墳一覧の表示の仕方がわからず早々に挫折。

芸がないですが、kmlファイルのアドレスを指定してグーグルマップのページから閲覧すれば。一応希望は満たされるので、その方向で考えてみることにしました。「trk2googlemaps & kml」で作成したkmlファイルでもよいのですが、地図上からリンクをクリックすると、別窓を開いてしまいます。これを我慢して、この線でいこうかと考えつつ、他の方法を探ってみました。

次回へ続く。

|

« 太田市北部探訪 | Main | 古墳地図作成(妥協編) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 太田市北部探訪 | Main | 古墳地図作成(妥協編) »