« 桜川市北部探訪 | Main | 桜川市北部~旧大和村探訪 »

2008.03.18

川崎古墳現地説明会

 ネットで下野新聞をチェックしていたら「川崎古墳に前方部石室」の見出しを発見。現説が行われるとのことなので、桜川市探訪の予定を変更して急遽那珂川町へ。現説は午後からなので、午前中は喜連川町の地味な古墳をいくつか見学してから現地へ向かいました。
 一時間近く前に到着してしまったので、混みあう前にと職員さんにお願いしてあちこち撮影。始まるころには狭い会場が人でいっぱいになり(といっても100人くらいでしょうか)正解でした。(以下、現地説明会資料と解説を参考にしました。)08031601

 川崎古墳は、那珂川と武茂川合流近くの河岸段丘に築かれた全長49mの前方後円墳で、後円部には大型の横穴式石室があり県史跡に指定されています。08031602
今回の調査では、幅約15mの周溝が確認され(写真Bトレンチ参照)、それを含めると長径約80m、短径約50mの規模となることがわかりました。08031603
くびれ部のA区では葺石が確認され、下段では「くびれ」がなく、その上段で「くびれ」ているようです。つまり下段(基壇面)は前方後円墳の形ではないようだとのこと。次にお目当ての前方部石室です。民家が迫り崖状になった部分に密集した河原石が露出しています。08031604
これはどうやら石室を入口の閉塞石ではないかということで、前方部にも石室確認ということになったようです。双室墳であれば、那珂川流域では二ツ室塚古墳・梅曽大塚古墳についで3例目となり、地域最後の前方後円墳ということになるかもしれません。しかし開口した石室を期待していたのでちょっとガッカリ。状況から未盗掘の可能性が高いそうですが、調査はここまでで、しばらくの間は予定が無いのが残念です。現説はここまでで、その後、後円部石室と出土した須恵器大甕片を見学して現地をあとにしました。
08031605
08031606
08031607
08031600

|

« 桜川市北部探訪 | Main | 桜川市北部~旧大和村探訪 »

現地説明会」カテゴリの記事

Comments

やはり来られてましたか。
私も反町遺跡へ行ってから川崎古墳へいったので時間ぎりぎりで到着でした。
ついでに付近の古墳を見てきたのですが、駒方大塚古墳陪墳3号も見てきました。
今回、見つけられたかもしれませんが、場所は2号から奥に進むと畑に出ますが脇を進んでいくと右手の民家の手前にあります

Posted by: oobuta | 2008.03.21 at 08:06 AM

oobutaさんも来ているかもと思っていたらやはりでしたか。私は前方部石室見学の先頭の組でしたが、ひょっとしたら隣にいたパナのデジカメを持っていたかたがoobutaさんかな、なんて思いました。
そういえば駒方大塚古墳陪墳3号はまだ見ていませんでした。今度行く機会があったら(是非前方部石室開口の現説があって欲しい)見つけてみたいと思います。ありがとうございました。

Posted by: 昇寛 | 2008.03.21 at 12:58 PM

その通り!
パナのデジカメを持っていたのが私です。
ずうずしく、石室の前に陣取りました。
またどこかで見かけたら声を掛けてもらえませんか
だいたい同じ格好をしてますので分かると思います。
さて、そのパナのデジカメですがFX35ですが広角25mmでいてコンパクトなので重宝してます。
しかし残念ながら4月にFX500だったと思うがFX35をベースにワイヤレスLAN内蔵で絞り優先とか追加機能を装備したものがでるそうです。
ちょっと、新機種をだすのが早すぎですよね

Posted by: oobuta | 2008.03.21 at 09:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 桜川市北部探訪 | Main | 桜川市北部~旧大和村探訪 »