« 東平井古墳群再訪 | Main | 草津白根・芳ヶ平 »

2006.08.31

足立区・葛飾区探訪

 8月27日。いくらか涼しくなってきたので東京23区の古墳めぐり第2弾へ出かけてきました。本日は足立区・葛飾区です。
 午前8時ごろJR川口駅に到着。HP「毛長川の古墳」さんの情報を頼りに舎人団地行きのバスに乗り入谷古墳(入谷氷川神社古墳)へ向かいます。Iritani
舎人団地近くの氷川神社境内にあり、墳丘上に社殿が載っています。未調査ですが足立区では数少ない墳丘現存の古墳です。社務所?の方に挨拶したけど無視されてしまった。そこから徒歩で舎人氷川神社へ。ここの社殿下も古墳の可能性があるそうですが、現状古墳にはとても見えません。続いて伊興氷川神社へ向かいます。ここも同じく古墳には見えませんね。やはり東京は古墳跡地めぐりになってしまうのか。そのすぐ近くに伊興遺跡があるので見学に寄ってみました。Ikou
出土品などを展示した資料館、(復元)竪穴式住居、(復元)方形周溝墓が整備されています。23区内にこんな遺跡公園があるとは知りませんでした。次ぎは指定史跡の白旗塚古墳へ。Sirahata
竹ノ塚駅北方の公園内にある小さな円墳で、周溝は復元、墳丘もかなり復元らしいです。前回より涼しいせいかここまで快調なペース。
 竹ノ塚駅から電車を乗り継いで柴又駅で下車し、寅さんに挨拶してからこの近くにある柴又八幡神社へ。Sibamata
墳丘はすでにありませんが社殿の下あたりが寅さん埴輪の出土で有名な古墳です。この周辺では唯一石室が確認されているということで懸命に探してみましたが見つかりません。あいにく社務所も閉まっているのであきらめてふたたび柴又駅へ。ボランティアのガイドさんがいたので尋ねてみると、現在は石室は社殿の中で非公開とのこと。うーむ残念。
 気を取り直して次の目的地である立石様(区指定史跡)へ向かいます。青砥駅で下車し徒歩10分程度で到着。Tateisi
住宅にすっかり囲まれた小さな神社となっていて、そこに立石様があります。一種の巨石信仰のようですが、石室材かもしれない巨石がほとんど埋まった状態で一部が見えているだけです。この低地では巨石は珍しかったのでしょうね。この近くにあるはずの南蔵院裏古墳と熊野神社古墳は古墳眼が未熟なため痕跡を見つけることができませんでした。この後、帰ってから用事があるので、まだ未練がありますが今日はここまで。
 墳丘が見られたのはたった2基とはさすが東京23区。また挑戦するぞ!

|

« 東平井古墳群再訪 | Main | 草津白根・芳ヶ平 »

古墳探訪記東京」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 足立区・葛飾区探訪:

« 東平井古墳群再訪 | Main | 草津白根・芳ヶ平 »