« July 2006 | Main | October 2006 »

2006.08.31

足立区・葛飾区探訪

 8月27日。いくらか涼しくなってきたので東京23区の古墳めぐり第2弾へ出かけてきました。本日は足立区・葛飾区です。
 午前8時ごろJR川口駅に到着。HP「毛長川の古墳」さんの情報を頼りに舎人団地行きのバスに乗り入谷古墳(入谷氷川神社古墳)へ向かいます。Iritani
舎人団地近くの氷川神社境内にあり、墳丘上に社殿が載っています。未調査ですが足立区では数少ない墳丘現存の古墳です。社務所?の方に挨拶したけど無視されてしまった。そこから徒歩で舎人氷川神社へ。ここの社殿下も古墳の可能性があるそうですが、現状古墳にはとても見えません。続いて伊興氷川神社へ向かいます。ここも同じく古墳には見えませんね。やはり東京は古墳跡地めぐりになってしまうのか。そのすぐ近くに伊興遺跡があるので見学に寄ってみました。Ikou
出土品などを展示した資料館、(復元)竪穴式住居、(復元)方形周溝墓が整備されています。23区内にこんな遺跡公園があるとは知りませんでした。次ぎは指定史跡の白旗塚古墳へ。Sirahata
竹ノ塚駅北方の公園内にある小さな円墳で、周溝は復元、墳丘もかなり復元らしいです。前回より涼しいせいかここまで快調なペース。
 竹ノ塚駅から電車を乗り継いで柴又駅で下車し、寅さんに挨拶してからこの近くにある柴又八幡神社へ。Sibamata
墳丘はすでにありませんが社殿の下あたりが寅さん埴輪の出土で有名な古墳です。この周辺では唯一石室が確認されているということで懸命に探してみましたが見つかりません。あいにく社務所も閉まっているのであきらめてふたたび柴又駅へ。ボランティアのガイドさんがいたので尋ねてみると、現在は石室は社殿の中で非公開とのこと。うーむ残念。
 気を取り直して次の目的地である立石様(区指定史跡)へ向かいます。青砥駅で下車し徒歩10分程度で到着。Tateisi
住宅にすっかり囲まれた小さな神社となっていて、そこに立石様があります。一種の巨石信仰のようですが、石室材かもしれない巨石がほとんど埋まった状態で一部が見えているだけです。この低地では巨石は珍しかったのでしょうね。この近くにあるはずの南蔵院裏古墳と熊野神社古墳は古墳眼が未熟なため痕跡を見つけることができませんでした。この後、帰ってから用事があるので、まだ未練がありますが今日はここまで。
 墳丘が見られたのはたった2基とはさすが東京23区。また挑戦するぞ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.14

東平井古墳群再訪

 先日、グーグルマップで航空写真を見ていたら、群馬県藤岡市の東平井古墳群の一部が工場駐車場になったようなので見学に行ってきました。Hhirai1
場所は市光工業南西側の部分で、以前は畑と原野だったのですが最近駐車場として造成されたようです。到着してみると広大な駐車場の中にいつくもの古墳が見られました。日曜日ということもあり、駐車場はガラガラで見通しはよかったのですが、残念ながら立入り禁止。柵越しの撮影のみで古墳に近づくことはできませんでした。古墳を壊さずに残してくれた会社の姿勢は素晴らしい(工場敷地内にも4基ほど現状保存されている)と思うのですが、以前のように近くから観察できなくなったのはとても残念です。特に前方後円墳の105号墳は前回石室を見つけることができず、また行って見ようと思っていただけにもっと早く再訪すればよかった。
 現在と以前でアングルが近い物を選んでみました。現状保存だと思うのですが、周堀の調査とか測量調査とかやったのかな?
Hhirai31
Hhirai32
Hhirai41
Hhirai42

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.07

北区・文京区探訪

 昨日は、炎天下の中、東京都北区・文京区の古墳を訪ねてみました。この時期、田舎の古墳はヘビやハチなど危険が多いので都会なら大丈夫だろうと安易に考えたのですが、猛暑の中アスファルトの上を歩くつらさを出発前には考えもしませんでした。
 午前8時ごろ赤羽駅へ到着。水分補給にポカリを買い求めてからすぐ近くの赤羽台団地へ向かいます。団地内の天皇塚古墳があったと思われる場所は公園になっていて、そこには見ようによっては前方後円墳を模したようにもみえる奇妙なモニュメント?がありました。またミタマ古墳があった場所は柵で囲われ、高さは低いですが径の大きな墳丘?がありました。遺跡地図では消滅扱いなので元々のマウンドではないのかも。そこから南西へ向かい公務員宿舎のあたりにあるはずの大塚古墳を探しましたが見つかりませんでした。団地内をカメラぶらさげて歩くのはけっこう勇気がいりますね。Huziduka
 そこから十条駅まで徒歩で移動はきつそうなのでバスを利用することにしました。東京で乗合バスに乗るのは記憶にある限りでは初めてです。バス停へ行ってみると路線が入り組んでいてどのバスに乗っていいものやら。居合わせたおばあさんが親切に教えてくれたので助かりました。料金の払い方もわからない始末でしたから。十条駅前で降り、夏祭りの準備で忙しい商店街を抜け、次の目的地である十条富士塚へ。石碑などで要塞化された典型的な富士塚です。調査はされていないので案内板でも推定古墳にとどめています。
 次ぎは中央公園内まで徒歩で移動。図書館脇に移築保存されている赤羽台3号墳の石室を見学しました。覆屋が架けられガラス越しの見学なのですが、ガラスが曇っていてよく見えません。何枚も撮ってこれが一番まともな写真。しかし移築とはいえ23区内で見学できる石室は貴重です。Akabane3
Yomotogi

 さらに徒歩で移動。四本木稲荷古墳を見学し飛鳥山公園へ向かいます。公園の案内図にも載っている飛鳥山1号墳はすぐに見つかりました。柵で囲われていますが昼間は東側から入って墳頂に登れます。近くの滑り台に登って写真を撮っていたら好奇の目で見られていたようです。遺跡地図ではもう1基現存マークなのですが、どれが古墳かわからないので園内の博物館で聞いてみることにしました。とりあえず300円を払って常設展示を見学しましたが縄文から近世までちょっとづつ展示してあり、古墳時代のコーナーはごくわずか。学芸員さんの話によると2,3号墳は周堀の一部が発掘されたのみで墳丘は現存しないとのこと。ただ園内の旧渋沢邸内に古墳の可能性があるマウンドがあるとのことで案内していただきました。未調査なので「もしかしら」程度ということですが、私にとっては望外の収穫です。親切に対応してくださりありがとうございました。Asuka1

 猛暑の影響かそろそろ徒歩も辛くなってきましたが、次の目的地平塚神社へ向かいます。途中、西ヶ原一里塚を見学してから神社境内へ。社殿裏が古墳かもしれない甲冑塚です。普段は墳丘には入れないのですが、バーベキューをやっている団体がいて(もちろん神社の許可をもらって)墳丘上を見学することができました。ただ北区教育委員会の方によると、周辺の発掘状況から古墳ではないのでは、とのことです。
 膝の裏が痛くなってきたので楽をしようと南北線で駒込へ向かいます。地上へ出るとちょうど牛丼チェーン店があったので昼食を取り休憩。次の目的地である富士神社へ。全長45mの前方後円墳と見られる大きな墳丘の上に乗っています。樹影が濃くて墳形がよくわからないのが残念でした。Huzizin
Hakusan
 さらに徒歩で白山神社へ。白山神社社殿裏に墳丘が残っています。墳丘は柵で囲われ入れませんがアジサイの季節は観賞のため入れるようです。
 葛飾区も廻ろうと思っていたのですが、とても体力がもちそうもないので予定を変更。学芸員さんから、星美学園裏の道路から現存する墳丘が見られると聞いたので、それを見てから帰ることにしました。南北線に乗り赤羽岩淵駅で下車。痛い足をひきずって星美学園裏の坂道を登ってみましたが、樹影が濃いせいかはっきりした墳丘は見られませんでした。冬なら見えるのかな。
 この後、高崎線に乗り無事に帰宅。この程度で息があがったり足が痛くなったりするはずはないので、熱中症になりかけたのかもしれません。次回はもっと電車・バスを駆使して楽をするぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« July 2006 | Main | October 2006 »