関東甲信の石室・石棺・横穴墓

埼玉 ☆群馬 ☆茨城 ☆栃木 ☆千葉 ☆東京 ☆神奈川 ☆長野 ☆山梨 ☆静岡

💓 しばらくの間、不定期更新とさせていただきます。

★ 今まで埼群古墳館(閉館)で紹介していた石室・石棺・横穴墓を順次再掲載していきます。

★ 宅地内匿名古墳では、古墳名や場所の特定につながるコメントはご遠慮ください。
★ 市町村でお探しの方はこの地図の地域をクリックしてください。
★ 北関東では震災前の石室を掲載しています。その他限定公開の石室石棺写真も。
★旧埼群古墳館の「関東甲信百名穴」を再掲しました。そのうち「関東甲信百名墳」も復活させます。
石室には危険がいっぱいを掲載しました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/05/05

長瀞までサイクリング

久しぶりのサイクリング。長瀞まで行ってきました。筋力の衰えを痛感。
2022050501
2022050503
20220500504
2022050505
2022050506

 

| | コメント (0)

2022/04/11

太田市北金井御嶽山古墳群

Hohoh01
鳳凰ゴルフクラブでプレーする機会があったので合間に北金井御嶽山古墳群(マッピングぐんまでは「御嶽山古墳群」)を少し見学してきました。
帰ってから群馬県古墳総覧の分布図を見ると、あまりに現状とかけ離れていますね。

 

Kitakanai_01
赤丸、青丸が現地で確認できた古墳で21・1272~1275に該当するものと思われます。太田市史記載の御嶽山1号~5号に相当しますが、群馬県古墳総覧にはその記述がありません。(6号以下はなぜか総覧にも記載されている)

 

Kitakanai1_1
21(赤丸塗りつぶし)は群馬県古墳総覧では「殿山古墳、強戸村64号墳」(現状×)、太田市史では「御嶽山1号墳、御嶽山古墳、強戸村64号墳」とされています。(2004年の様子は当ブログ「御嶽山1号墳」をご覧ください。)現在でも墳丘は一部損壊ながら良好に残存、横穴式石室はほぼ完存です。

 

Kitakanai5_1
Kitakanai5_3
青丸塗りつぶしは強戸村68号墳と思われます。(67号かも)藪が刈りはらわれ良く見えるようになっていました。

 

Kitakanai5_2
墳頂部は陥没しており横穴式石室があるものと思われます。
その他3基(赤丸)は強戸村65(1272)、66(1273)、67(1274)号と思われ墳丘が残存しています。(藪に覆われていますが)

| | コメント (3)

2022/04/10

阿南町大畑古墳

本古墳は、阿南町役場南方600mほどの丘陵上にあります。
【アクセス】★地図★
古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
大畑古墳(大畑の塚) 円墳 約10m 西條 丘陵 横穴式石室 HP大和國古墳墓取調室

Ohata1
天竜川に注ぐ沢沿いの丘陵斜面に築かれた円墳。

Ohata2
南向きに現存長約7mの横穴式石室が開口。

Ohata3
玄室はほぼ完存。

Ohata4
玄室長4.85m、幅1.86m、高さ1.8m。玄室の中央に巨石が架けられている。玄室を区切る意味合いのものだろうか。

Ohata5
奥壁

Ohata6
奥から

Ohata7
(撮影 2015/08)

| | コメント (0)

2022/04/09

阿南町種田塚古墳

本古墳は、南條の種田八幡社東方丘陵上にあります。
【アクセス】★地図★
古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
種田塚古墳 円墳 東西17.6m、南北14.95m、西面高さ3.4m、東面高さ2.5~3.4m 南條 丘陵 横穴式石室 現地案内板

Tane1
八幡社入口から農道を東へ進むと標柱がある。古墳時代後期築造と推定されている。

Tane2
南向きに横穴式石室が開口。現存長は5m程度。

Tane3
羨道はほとんど失われている。

Tane4
玄室。玄室長4m、幅2m、高さ2m。胴張りのプラン。奥壁上部は手前に傾斜している。奥壁手前の石段は後世の造作か?

Tane5
奥から。両袖型であるらしいが右側はよく見ないとわからない。
(撮影 2015/08)

| | コメント (0)

2022/04/08

飯田市馬背塚古墳

本古墳は、開善寺北側(国道151号線北側)の丘陵上にあります。
【アクセス】JR川路駅から徒歩・自転車1.8km、駐車場無し ★地図★
古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
馬背塚古墳 前方後円墳 全長46m 上川路 横穴式石室 現地案内板、長野県史考古資料編

Mase1
南西から。右が前方部で林の中に祠が祀られている。左が後円部で墓地や畑となっている。(長野県史では前方部後円部が逆になっているが、ここではより新しい資料である現地案内板に従う)2基の石室を持つのは下伊那地方としては、おかん塚古墳と本古墳のみ。

Mase3
前方部石室開口部。全長12.3m、羨道部の現存長約6m。こちらは後円部石室より後の6世紀末~7世紀の築造と推定されている。

Mase4
玄室。玄室長6.46m、幅3.2m、高さ3.3mと写真ではわかりづらいが巨大なもの。人の背丈が奥壁の高さの半分であると想像して欲しい。

Mase5
奥から。羽子板形のプランで両袖型。

Mase2
北東から。

Mase6
後円部石室開口部。(写真は2007年。現在は立入禁止のようです。)全長12m。6世紀代の築造と推定されている。

Mase7
玄室。玄室長8.8m、幅2m、高さ2.7m。

Mase8
奥から。長方形のプランで、天井の高低で玄室・羨道部の区別がなされている。

Masean
(撮影 2007/04)

| | コメント (0)

«飯田市宮ノ脇2号墳